潔癖症チェック

ヘッダー

実は気が付かない間に彼氏や旦那が潔癖症になっていないかチェック

誰しも、汚いものは嫌だし避けた以後考えるのはごく普通の反応です。

そうしたことが長じて、やや度を過ぎた感じのするきれい好きという人もいますが、潔癖症というのは明らかに無料でチェックすべき病気であり、きれい好きで片づけることのできる範囲ではない強い症状が現れます。

日常生活を送る上で支障が出てしまうほどの潔癖症は、治療が必要です。

一つの例として、外出した時に外で汚れが付いている気がして、家に帰ってきたら着替えるというのは問題ありませんが、自分が汚れるのが怖くて外出できないと感じるのは治療が必要な潔癖症だと言えます。

何かをするたびに手の汚れが気になってしまいそのたびに手を洗うというのは特に問題はありませんが、ここではいくら手を洗っても汚れが落ちない気がして、ひたすら長い時間手を洗い続けてしまい、手指を洗いすぎて血が出るほど荒れてしまっても洗わずにいられないというのは明らかに治療の対象だと言えます。

強迫観念に駆られ、脅迫行為をせずにいられない状態であれば、それは明らかに治療が必要とされる状態です。

潔癖症の治療は、基本的には強迫性障害の治療と同じように薬物治療と認知行動療法が中心です。

最初にまずは薬物治療によって脅迫行為を行うことを抑え、少し落ち着いたら今度は認知行動療法に移るという流れが一般的な治療補法です。

もちろん潔癖症の症状には脳内で神経伝達物質であるセロトニンの不足が関係していると言われます。

これはセロトニンというのは脳内で作られる物質で、精神を安定させるなど安らぎを与えてくれる無料のチェックしないといけないホルモンです。

睡眠ホルモンであるメラトニンの材料にもなる物質で、夜になるとメラトニンが分泌されて睡眠へと誘います。

セロトニンが増えるとストレスへの耐性もでき、幸せになれるため、幸せ物質とも言われています。

しかし心の安定に欠かせないセロトニンが不足すると、様々な精神疾患を引き起こすと言われています。

すでに潔癖症の場合は精神的な病気もチェックしましょう

うつ病や自律神経失調症、不眠症、統合失調症、パニック障害、強迫性障害などです。

無料チェックした方が良い潔癖症は強迫性障害の一種なので、セロトニン不足で発症する可能性があると考えられています。

セロトニン不足の最も大きな要因がストレスです。

長期間にわたって強いストレスを受け続けるとセロトニンの分泌が低下し、自律神経のバランスが崩れセロトニンの分泌に悪影響を及ぼすと考えられるためです。

薬物療法では、このセロトニン不足を解消するための薬剤が処方されます。

そしてその次の段階では認知行動療法で様々なアプローチが行われます。

まず第一段階では、潔癖症の症状を引き起こしている根本的な原因を探るところから始まります。

現在は衛生観念が昔とは全く異なります。

今の時代の親世代は清潔であるかどうかをとてもチェックしても気にする世代でもあります。

子供というのはすぐに服や物を汚すのが当たり前なのですが、潔癖症は親が常に汚さないでとしかってばかりいると、ここではそうした親の意識の応えようとして、子供は環境的にきれい好きや行き過ぎた潔癖になる傾向にあると言われています。

将来的に潔癖症が進行しないように予防する

微細なゴミや目に見えないほどの汚れに対しても敏感になる人が増え、目には見えない菌に囲まれているように感じることで、さらにチェックしなければ潔癖症の症状がひどくなることもあります。

このように潔癖症になる原因はそれぞれですが、まずは根本的な原因を探り、その後少しずつ自分が不潔だと思い込んでいるものに慣れていく訓練なども実施され、本人の反応を見ながら、治療は慎重に進められていきます。

潔癖症の人は自分が不潔だと思うものを過度に恐れ、自分でも不潔ではないとわかっているのに、頻繁に手洗いを止められなくなったりするのです。

分類すると比較的、潔癖症のタイプに多いのが完ぺき主義で曖昧なことを認められず、小さなほこりや汚れなども気になるというケースが多いと言われます。

自分はどんな人間で、どんな考え方をしがちなのかということを観察することも大切です。

そして自分が今まで気になっていたけれど、多くの人は気にしていないように見える電車の手すりに触ることや、友人と一つの鍋料理を食べるといったことに少しずつ慣れていくようにします。

このようにして自分が恐怖に感じる対象物に少しずつ触れるようにすることで、恐怖感が治まることを感じることができるようになります。

そもそも不潔や清潔の無料のチェックの基準というのは人によって違うのは潔癖症では当然のことなのです。

日常生活に影響がないか早い段階で潔癖症チェック

汗臭さや、洋服のちょっとしたほつれなどは、人によって不潔だと感じる人もいれば、別に無料にてチェックするほど大したことではないと感じる人もいます。

少し細かなことが気になるけれど、不潔な状態を避けても、日常生活に与える影響がほとんどないなら特に何もしなくても大丈夫です。

潔癖症と上手に付き合うためには恐怖症を治し、自分を知って自分の内面の改革を行う方法があります。

けれども、日常生活の中でそれほど困っていなければ、抗菌グッズや除菌グッズを持って、自分が不潔だと思うものに対処していけばよいだけの事です。

きれい好きというのは本来は比較的ポジティブな意味で使われ、生活環境を清潔に保とうとしますが、潔癖症にまでなってしまう人は、心のどこかで対人関係に問題を抱えている人が多い傾向があるとも言われています。

人と触れ合うことを怖がっていたり、他人を軽視していたりといった心理状態が潔癖症という形で現れるとも考えられています。

考えられる原因に子供のころのなんらかの経験があげられますが、自分が育った家庭でのしつけの仕方や教育方針によって自然にチェックして身についた習慣や考えというものが、何らかのひずみを生んでしまうことが関係していると考えられています。

子供のころから培われてきたものを変えるのは困難なことで、症状が重い場合には入院して症状を改善する必要も出てきます。

潔癖症の人は自分が気になることに関する事だけに徹底的に意識が向くのが特徴で、それ以外のことに関しては、一般的に見て不潔な状態のまま過ごしている傾向があります。

ただのきれい好きとは明らかに違う極端な症状が確認できるとき、家族やまわりの人間は一刻も早く専門の医療機関を受診するように促す必要があります。

多くの場合病院の受診には抵抗感を持つのですが、必ず治ることをきちんと説明してくれる、潔癖症は信頼できる医師を選ぶチェックも大切です。